忍者ブログ

あたましらみ体験記

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

入門者もOK王道ネットビジネス講座TPA

ピレスロイド系のしらみ駆除剤

 シラミ・シャンプーの有効成分って、何なのでしょう?

PR

 しらみ駆除の定番薬スミスリンについて簡単に説明します。詳細は、必ず、薬の説明書やメーカーのHPで確認してください。

 スミスリンLの有効成分フェノトリンは合成ピレスロイドという農薬の一種です。

 合成ピレスロイドは、蚊取り線香などでも使われている、もっとも日常的な殺虫剤の系列です。合成ピレスロイドと言うからには、天然ピレスロイドと言うのものもあるのかなぁ? と思っちゃいますよね。
 実はあるんです。天然ピレスロイドは、除虫菊という菊がもっているて天然の殺虫成分です。昔の蚊取り線香は、除虫菊でつくられた「天然ピレスロイド」でした。
 今では貴重品になりつつある除虫菊は、かつては四国の瀬戸内海沿いや北海道で生産されていました。生産が減ったの理由は、同じ殺虫成分を人工的に作り出すことができるようになったからです。除虫菊と同じ様な殺虫成分を人工的に作り出したのが、合成ピレスロイドです。
 他の系列の農薬と比べると残効が少ないのが特徴です。残効が少ないということは、早く毒が分解されます。また、農薬の合成ピレスロイドでも、害虫の卵には効果がありません。

 さて、2歳の子供に、農薬成分を使うことに抵抗がある方もいるかもしませんが、薬の説明書にある分量等を厳守すれば、それほど神経質になることはないのでしょうか?

 我が家も、初回は、出来るだけ皮膚に着かないよう、着衣のままシャンプーしたりしていましたが、2回目は、シャンプーハットを使い、ふつうのシャンプーのようにして使ってしまいました。もちろん、それで薬害と言うようなものはなかったと思いますし、肝心のシラミはばっちり退治できました。

 後から知ったのですが、天然成分のハーブ系のシラミ駆除剤もあるようですね。もし、シラミ発見当日に、薬局で、天然ハーブ系のもありますけど?って言われたら、そっちを買っていたかもしれません(笑)

 でも、息子の場合、卵の数がかなりあったので、医薬品のスミスリンを使ってで、びっしり効かせて正解だったのではないかと思っています。


詳細はこちら→シラミシャンプーのスミスリンL

入門者もOK王道ネットビジネス講座TPA

薬剤抵抗性アタマシラミの調査に協力を→国立感染症研究所⇒⇒アタマジラミを送ってください



HN:
しらみバスター!むしパパ
性別:
男性
趣味:
自然観察・家庭菜園
自己紹介:
アバター
子育てに励むパパ。
5歳の長女(なな)と2歳の長男(たいき)を、保育園に通わせる自営業。仕事より子供と遊ぶのが優先
メルクリン
人気blogランキングへ ブログランキング

【背景画像】Graphic by (c)Tomo.Yun URL(http://www.yunphoto.net )
【著作権】このサイトの文章やイラストを無断で転載・配布・引用することを禁止します。
【免責事項】当サイトの情報にもとづく読者の行動とその結果について、当サイトの筆者および管理人には一切の責任が生じない旨、あらかじめご同意のうえお読みください。【個人情報の扱い】このサイトに掲載のGoogleAdsense広告では、クッキー(cookie)やwebビーコン機能により、閲覧者のトラッキングを追跡可能です。なお、クッキーにより閲覧者個人が特定されるようなことはありません。また、閲覧行動をトラッキングされたくない場合は、お使いのブラウザー設定の「クッキーを受け入れる」をオフにすることができます。
Powered by ニンジャブログ  Copyright © あたましらみ体験記 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]
しらみ(shirami)シラミ